ペット保険も取扱う十六銀行

十六銀行では将来や予測しない事態に備える商品として、豊富な保険商品の仲介を行っています。またライフプランコンサルタントを配し、お客様の相談に対するアドバイスや、保険商品を選ぶお手伝いをするなど、きめ細かなサービスも行っています。

十六銀行が仲介する保険商品は、個人年金保険や医療保険、養老保険や終身保険、定額保険、学資保険など、ライフサイクルに合わせた豊富な商品をそろえていますが、最近注目のペット保険や、大変便利なネット保険もそろえています。

十六銀行のペット保険の取扱いは、東海3県(愛知、岐阜、三重、)での地方銀行では初めての試みです。現在日本でのペットの数は2000万頭以上で、子供の数を上回っていると言われています。今やペットは家族の一員として大切な存在です。ペットフードの向上やペット医療の高度化が進み、同時にペットの高齢化も進んでいます。しかしペット保険に関しては日本は欧米に比べると後進国といわれてきました。ペット医療は発達していますが、飼い主は高額の治療費の全額負担に悩まされてきたのです。

十六銀行の扱うペット保険商品は、アニコム損害保険株式会社の「どうぶつ健保ふぁみりぃ」です。ペット(犬・猫)のケガや病気の通院や手術・入院などの診療費用に対して、一定の限度内で支払われます。契約すると顔写真入りの「どうぶつ健康保険証」が交付され、提携動物病院の窓口に提示するだけで保険金の清算が行われるので、大変便利です。

「ネット保険」もまた東海地区の金融機関では十六銀行が初めて取扱う保険です。希望する商品の保険料の試算から契約までの手続きが、インターネット上でいつでもどこでも簡単にできます。保険料の払込みにはクレジットカードか振替口座が必要となります。

取り扱う保険商品は終身保険や定期保険、終身医療保険やがん保険など7商品です。そして何よりのメリットは、インターネットに特化した販売方法やペーパーレスによるコスト削減などによって、ネット銀行ならではの割安の保険料です。