預金の種類

預金にはいろいろな種類がありますが、種類によって預け入れの期間や受け取る利息が違います。さらにゆうちょ銀行は「預金」とは言わないで「通常貯金、定期貯金」と言いますね。この呼び方の違いは、銀行と郵便貯金が出来た背景がそれぞれ違うから、ということのようです。

銀行は明治時代、会社や商店主などから事業のお金を預かる役割としてスタートしました。お金を「預ける」ので「預金」という言葉が生まれました。貯金とはお金を「貯める」ことです。明治時代に郵便局が誕生し郵便貯金制度も導入されましたが、はじめはなかなか浸透しなかったようです。そのために明治政府は国民に対して、郵便局にお金を貯めることを推奨しました。こうして「貯金」という言葉が生まれたという事です。郵政民営化により設立されたゆうちょ銀行が、今でも「貯金」という言葉を使うのは、郵便貯金時代の表記をそのまま使っているためです。銀行との差別化も図っているのでしょう。

さて、預金の種類でごくごく一般的なものと言ったら、普通預金ですね。いつでも預け入れることができるし、いつでも引き出せます。また給料の振込や公共料金の引き落としなど、決済用の口座として指定できます。金利は変動制で低く、一般的には6ヶ月ごとに金利が支払われますが、一部のネット専用銀行などでは毎月支払うところもあるようです。

定期預金とは予め定められた期間の間は自由な引き出しができないという預金です。日本の銀行の預金商品においては、貯蓄性のある最もポピュラーな商品です。預金金利は通常は期間が長いほど高めですが、しかし世界の中でも日本の金利は目立って低いですね。ゆうちょ銀行の定期貯金、定額貯金は銀行の定期預金とほぼ同じ仕組みです。

当座預金とは決済用普通預金のことで、手形や小切手の支払いを決済するための口座です。日本では無利息と決められています。預け入れした金融機関が破綻しても全額補償されます。

積立預金・積立定期預金は毎月決まった期日に一定額を定期預金にしていくというものです。大抵は普通預金からの自動振り替えとなり、自動的に貯蓄ができるという方式です。貯蓄預金とは、例えば三井住友銀行には普通預金との間で毎月一定日に決められた額を自動的に貯蓄預金に移動させる方式があります。利息は普通預金とほぼ同じか高く、いつでも引き出せますが、決済としては利用できません。

その他外国の通貨で預金をする外貨預金や、預金者がリスクを負う特別なオプションを付けるなどで、金利は定期預金より高金利となりますが、投機性が高く元本割れする仕組預金のような商品もあります。