普通預金と定期預金

普通預金は銀行との取引の基本になる預金です。預けた人がいつでも自由に出し入れが出来てお財布がわりに使える、生活に欠かすことができない便利な預金です。各種公共料金などの自動振替や、給与や年金などの受取り口座としても利用できます。定期預金などと組み合わせる総合口座の普通預金にも利息がつきます。どちらも預金保険制度の対象となり、元本の1000万円までとその利息は保証されます。「決済用普通預金」は無利息ですが、その金融機関が破綻した場合も全額保護されます。

普通預金は、銀行にとっては預かっている資金の流動性が激しく、運用しにくい資金ということになります。利益をあげにくい商品なので、普通預金の金利は高くないのです。

定期預金は、一定の額を目的に合わせて1ヶ月から10年ぐらいまでの間で預ける期間を選び、満期までは動かせない預金です。中途では原則、自由に出し入れはできません。預け入れ期間が決まっている代わり、金利は普通預金よりも有利です。銀行にとっては資金が動かないので運用がしやすく利益を上げやすい商品という事になります。そのため金利は普通預金より高めにして、より多くの預金者を獲得しようとします。

どうしても中途で引き出したい場合は、解約の手続きをしなければなりません。期日前解約利率や中途解約利率という、満期まで預けた時よりもかなり少ない金利が適用されてしまいますが、元本は保証されます。

普通預金と定期預金がある場合、その二つが一つにまとまった「総合口座」にすると何かと便利です。二種類の預金を一つの通帳で管理できて、定期預金を貯めることと日常の決済業務が、すべて総合口座一つで出来てしまいます。また定期預金を担保にして、普通預金の資金不足を補う事もできるという機能もあるのですから、これは大変便利です。